情報リテラシー

デジタル上で責任ある社会の構築を

サフロン・ハウデン
サフロン・ハウデン
Crinkling News 共同創立者兼編集者 |

分断したグローバル社会の中で、人々のつながりや帰属しているという感覚は今までにないほど得難いものとなっています。

今や世界の人口の半数以上がインターネットを利用し、その普及率は急速に拡大しています。確固たるデジタルのやり取りが確立した国々では、オンライン上にいることがほぼ日常には欠かせないものとなっています。しかし、アクセスできることだけでは十分ではないのです。

ネットワーク上のデジタル社会でうまくナビゲーションし、関わるためのツールとスキルを持ち合わせていなければなりません。オンライン上の権利や責任に関心を持ち、批判的な思考をする必要があるのです。

私たち皆をエンパワーする取り組みと教育を通して、デジタルシチズンシップを醸成するのです。

私たち皆をエンパワーする取り組みと教育でデジタルシチズンシップを醸成する

- サフロン・ハウデン(2019年)