安全とウェルビーイング

全ての人々のため、安全なデジタル世界の構築を

カティアナ・ワルダーナ
カティアナ・ワルダーナ
Sudah Dong創設者 |

デジタルの世界で生きるのは楽しい事ですが、同時に多くの責任を伴います。

責任あるデジタル市民世代を醸成するには、画面越しに感情を持った生身の人がいる事を忘れてはなりません。人に親切にする事、そしてネットいじめのないデジタル世界の空間を作り出す事は大切な事です。

アドバイスを与える
ネガティブな影響を与えそうな人があなたにアドバイスをしようとする際、あなたはノーと言えなければなりません。あなたにネガティブなものを与える人とは距離を取りましょう。

協力する
協力できる友人を選びましょう。同じ趣向や目標を共有する友人はがいれば有利です。よく緊密に働ける友人がいれば問題もより簡単に解決できます。

ありのままのあなたを受け入れる
どんな精神的または身体的条件を抱えていても、良い友人同士はお互いをありのままに受け入れるものです。誰かがあなたに対してひどい態度を取る場合、その相手はあなたをありのままに受け入れていないかもしれません。

言葉を賢明に選ぶ
その人の話しぶりでその人の性格はわかるものです。友人の使う言葉でその人となりを知りましょう。罵りや軽蔑的な言葉を使う人はネガティブな行動をする傾向があります。

責任あるデジタル市民世代を醸成するには、画面越しに感情を持った生身の人がいる事を忘れてはなりません。

- カティアナ・ワルダーナ(2019年3月)