ポジティブな行動

フィリピンの人々を世界中とつなげる

マー・テレサ・B・カパ
マー・テレサ・B・カパ
海外労働福祉庁 プログラムサービス部門 チーフ |

海外で働くフィリピン人ワーカー(OFW)は、故郷の家族やコミュニティとつながったり、関係強化のためにテクノロジーやソーシャルメディアを利用します。

彼らは、故郷や海外にいる大切な人との関係性を大事にしています。シェアする経験に気を配り、敬意を持って相手と交流し、オンライン 上の情報に批判的であることで、人は自分自身を守ることができます。彼らはまた、テクノロジーを活用することで、政府や当局に問い合わせたり、必要な時に仲間のOFWを助けたり、またフィリピンの人々のため、世界に対して主張を発したり、ポジティブな変化を起こすこともできるのです。

人々は、シェアする経験に気を配り、敬意を持って相手と交流し、オンライン 上の情報に批判的であることで、自分自身を守ることができます。

- マー・テレサ・B・カパ(2019年)