デジタルフットプリント

インドネシアにおけるデジタルシチズンシップの醸成

ヴェロニカ・コロンダム
ヴェロニカ・コロンダム
YCAB基金 創設者兼CEO |

過去数年間にわたり、私たちはあらゆる面でデジタルメディアの著しい利用向上を目にしてきました。私たちは今、世界中どこでもすぐに家族や友人とつながることができる、真のグローバル社会に生きています。

老若問わず喜び勇んでデジタル時代に突入し、知ってかしらずか私たちは皆、デジタル市民となりました。

しかし、デジタル市民として、私たちは責任がある事を忘れてはなりません。この高速技術は、注意深く、慎重に利用しなければならないのです。だからこそYCABは、多大な成果をあげている『シェアする前に考えて キャンペーン』をとおして、誤情報やネットいじめといった重要かつ必要不可欠なトピックにおいて、Facebookとパートナーシップを組んで取り組んでいます。

教育に境界線はありません。Facebookと協働することで、これまで以上に広大に学びを届けることができるのです。YCABとFacebookのパートナーシップ『Laju Digital』プログラムをとおして、例えば、地方自治体と地域コミュニティには、ソーシャルメディアをとおした活性化によって、問題解決や地域のキャンペーンに向けて連携を強め、支持を得たり、また中小企業には、デジタル市場での活性化で事業拡大や新規顧客へのアプローチを可能にしたりと、あらゆる業種の多くの人々に寄与してきました。

YCABは、教育はポジティブな変化を生み出す力強い手段であると信じています。Facebookと共にその力を飛躍的に拡大していきます。

老若問わず喜び勇んでデジタル時代に突入した結果、知ってかしらずか私たちは皆、デジタル市民となりました。

- ヴェロニカ・コロンダム(2019年)